頭皮環境

ブラッシングする女性

年齢、性別に関係なく薄毛に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。メディアでは、発毛や育毛シャンプーを使うことによる頭皮環境の正常化を薄毛対策と謳っています。では、頭皮環境の正常化とは何でしょうか。フケ、かゆみがあり、頭皮が脂っぽいことは髪の毛の成長を阻害するものではあっても、薄毛の根本的な原因ではありません。頭皮を清潔にしたいからと、シャンプーを使いすぎると、反ってフケや脂が多くなってしまいます。つまり頭皮をきれいにする事と、頭皮の細胞が成長する正常化とは全く違うものになります。高価な市販のシャンプーの中には、効果が気休め程度のものにしかならないものもあり、残念ながらシャンプーだけで発毛や育毛は期待できません。

思春期以降から薄毛に悩んでいる人は多く、10代から髪が薄く、細い、髪が伸びない等の症状にAGA(エージーエー)があります。AGAとは男性型脱毛症の事で、原因に遺伝や男性ホルモンが多く関係しており、日本人の約30%の割合で見られます。男性ホルモンは髪の毛の根元の毛乳頭にある受容体と結び付き、DHTという物質に変わります。DHTは毛乳頭細胞の増殖を抑え、成長期の期間を短くしてしまいます。また、生活習慣の乱れやストレスも薄毛に悪影響があります。薄毛の不安は皮膚科ではなく、AGA治療の専門医に相談し解消していきましょう。自分が安心して相談できる病院を探し、自分にあった薬の処方や生活習慣の改善のアドバイスを受けましょう。そして髪の毛の成長を阻害する原因の一つの解消法としてシャンプーで頭皮を清潔にしましょう。抜け毛の不安や薄毛のコンプレックスを抱えていることも自律神経に影響する為、頭皮にはよくありません。一人で悩み続けず、自分に合った治療へ一歩踏み出してみませんか。