0774-64-7870

0774-64-7870

一般内科Internal Medicine

かぜ、頭痛や腹痛など日常よく起こりうる
様々な症状を診療します

京田辺市のたけむらクリニック|一般内科

一般内科では「熱がある、頭やお腹が痛い、疲れやすい、眠れない、動悸・息切れがする」など、誰にでも日常的に起こる様々な体調不良に対して、適切な診断と生活指導、治療を行います。咳、痰、のどの痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、一般的な内科疾患を幅広く総合的に診療します。さらに、「調子が悪いけれど、何科を受診していいか分からない」、「他院で異常なしと言われたが、やっぱり調子が悪い」といった場合や、医学的に説明しづらい症状(不定愁訴)など、ちょっとした健康不安についても、お気軽にご相談ください。
≫ 生活習慣病の詳細はこちら

主な取り扱い疾患

かぜ、インフルエンザ、肺炎、気管支炎、喘息、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症(痛風)、頭痛、不眠症、膀胱炎、腎盂腎炎、花粉症、アレルギー性鼻炎・結膜炎、蕁麻疹など

消化器内科Gastroenterology

食べ物の消化・吸収に係わる臓器を
診療します

京田辺市のたけむらクリニック|消化器内科

消化器は食物の消化・吸収・排泄に関わる、口、食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門のほか、肝臓、胆嚢、胆管、膵臓などの臓器です。のどの違和感、食道つかえ感、胸やけ、胃もたれ、げっぷ、腹痛、食欲不振、下痢、便秘、背中の痛み、体重減少など多様な症状が起こります。検査で異常が出ないのに頑固な症状が続く機能性疾患(決して“気のせい”ではありません)から、がんをはじめとする悪性の病気まで、疾患の種類は多岐にわたります。肝臓は病状がかなり進行するまで症状が出にくく“沈黙の臓器”と言われます。血液や画像検査で偶然異常を指摘されることもあります。公的助成を受けられるC型肝炎ウイルス除去治療、潰瘍性大腸炎やクローン病など難病も取り扱っています。
たけむらクリニックでは、最新の診断機器を導入しました。レーザー光源搭載の次世代内視鏡システムを用いた上部消化管内視鏡検査(経鼻内視鏡)、大腸内視鏡検査(拡大内視鏡)や、超音波検査を行っています。検査後に「楽だったのでまた来年も受けてみます」という一言を頂けることを目指します。大腸ポリープの日帰り手術もお気軽にご相談ください。クリニックでの処置が困難な場合は、信頼できる高次医療機関を紹介し、安心・安全で確実な診療を行います。
≫ 検査の詳細はこちら

主な取り扱い疾患

咽喉頭異常症、逆流性食道炎、好酸球性食道炎、食道がん、胃炎、ヘリコバクター感染症(慢性胃炎)、機能性ディスペプシア、胃・十二指腸潰瘍、胃がん、小腸出血、大腸憩室炎・憩室出血、過敏性腸症候群、大腸ポリープ、大腸がん、急性腸炎、クローン病、潰瘍性大腸炎、痔、胆石症、黄疸、胆嚢炎、胆管炎、急性膵炎、慢性膵炎、膵がん、脂肪肝、非アルコール性脂肪性肝炎、急性肝炎・慢性肝炎・肝硬変(ウイルス性、薬剤性、自己免疫性)など

漢方診療Oriental Medicine

自分の身体に備わる自然治癒力をサポート

京田辺市のたけむらクリニック|漢方診療

東洋医学では、身体に現れる様々な症状を西洋医学に当てはめるのではなく、一人ひとりの体質(東洋医学ではこれを“証”と呼びます)に合わせて漢方薬を処方します。同じ症状でも画一的な処方ではありません。もともと自分の身体に備わった自然治癒力、予備力を引き出します。長い歴史の経験から導かれた治療法(Experience-based Medicine)ですが、昨今ではそのメカニズムが科学的に証明されつつあります。

主な取り扱い疾患

食欲不振、胃腸虚弱、むくみ、イライラ、不眠、便通異常、疲労・倦怠感、のぼせ、冷え、しびれ、体重減少、体力・気力の衰え(フレイル)

予防接種Immunization

インフルエンザ、肺炎球菌、ウイルス性肝炎(A型、B型)などの各種ワクチン接種を取り扱っています

京田辺市のたけむらクリニック|予防接種

すべてのワクチンは、予約制で接種します。必ず事前に、たけむらクリニックにご相談ください。

ポリファーマシ―Polypharmacy

その薬、本当に必要? くすりはリスク?

京田辺市のたけむらクリニック|ポリファーマシー

ポリファーマシーは、“ポリ(多い)”と“ファーマシー(調剤)”を合わせた言葉です。高齢化社会を迎え、高齢者が多くの病気を抱え、多くの医療機関にかかり、たくさんの薬を処方されています。単に薬剤の種類や数が多いことだけでなく、薬どうしの相互作用により副作用に繋がることがあります。飲み間違い、飲み忘れ、残薬による医療費の無駄遣いの原因にもなります。本当に必要な薬もあれば、そうではないものも混在しています。たくさんの薬を前に、「いったい何の薬を飲んでいるの?」、「薬だけでお腹が一杯!」、「飲み始めた薬は止められないの?」、「薬以外に病気を治す方法はないの?」、「薬が残っているのに医者に言い出せない」…そういった気持ちを持っている人は多いのではないでしょうか。当院では、出来るだけ少ない薬で効率よく治療を行う方針を取っています。そのためにも、他の医療機関で薬をもらっている人は、ぜひお薬手帳をご持参ください。

診療時間

診療時間 日祝
午前 8:30
〜12:30
/ /
午後 16:30
〜19:00
/ / /

休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日
*お薬手帳をお持ちの方は、ご持参ください

交通アクセス


» 大きな地図で表示

■ 住所:〒610-0334 
京都府京田辺市田辺中央4丁目2番15
■ TEL:0774-64-7870
■ 駐車場・駐輪場あり
■ JR「京田辺駅」東出口より徒歩2分
■ 近鉄「新田辺駅」西出口より徒歩4分