0774-64-7870

0774-64-7870

生活習慣病Lifestyle Diseases

普段の何気ない生活習慣が
病気に深く関わっています

京田辺市のたけむらクリニック|生活習慣病

肥満、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症、メタボリックシンドロームや、これらがもとになって起こる脳梗塞・脳出血などの脳血管障害、狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患、慢性腎臓病、肝臓病、骨粗鬆症などの病気の総称で、以前は「成人病」と呼ばれていました。遺伝的素因のうえに、食生活、運動習慣、ストレス、飲酒、喫煙、睡眠などの普段の生活習慣が、病気の発症・進展に大きく関わっています。がんができやすい状態にも繋がります(タバコと肺がん、糖尿病と肝臓がん、お酒と食道がん、肉食・運動不足と大腸がんなど)。飽食の時代、便利な時代、ストレス社会、高齢化社会にはつきものの病気です。普段の生活習慣を見直すことにより、発病そのものを予防するとともに、重大な合併症に到らないように、普段から自分の状態を知りしっかり管理することが大切です。

生活習慣病の主な病気 ※詳しくは病名をクリック
糖尿病 高血圧 脂質異常症(高脂血症) 高尿酸血症

糖尿病Diabetes Mellitus

糖尿病は万病のもと

京田辺市のたけむらクリニック|糖尿病

食べ物を消化して出来るブドウ糖は体を動かすエネルギー源で、自動車でいうとガソリンにあたります。血液中のブドウ糖がどれくらいあるかを示すのが血糖値です。遺伝的素因や肥満・過食などにより膵臓から出るインスリンが不足すると、細胞は血液中からブドウ糖を取り込めなくなり、代謝がうまく回転しなくなります。一方、高血糖自体も血管を傷つけ、あらゆる臓器に障害を起こします。脳卒中、心筋梗塞、神経障害、腎臓病、網膜症、認知症、がん、壊疽(えそ;手足が腐る)など全身に重大な合併症を起こします。糖尿病に到らずとも糖代謝異常をきたしている糖尿病予備軍の人も多く、空腹時血糖が正常でもヘモグロビンA1cという検査値が高くなります。のどが渇く、多飲・多尿、体重減少などの典型的な症状が出るのはかなり悪化した状態で、初期には自覚症状がありません。血縁に糖尿病の方がいる方、若い頃に比べて太ってしまった方は、是非一度検査を受けてください。

高血圧Hypertension

高血圧は将来の脳・心臓・腎臓などの
重大な病気に

京田辺市のたけむらクリニック|高血圧

肥満、塩分過多、脂質異常症、動脈硬化などにより、血管が硬くなりしなやかさが失われます。自覚症状がなくても、いずれ脳・心臓・腎臓などに重大な病気を起こします。薬による治療法以外にも、生活習慣の見直しで改善できる余地があります。併存する病気により、どれくらいまで血圧を下げればよいのか決まっています。最近の研究で、これまでより血圧を下げる数値(管理目標値)が引き下げられました。今は大丈夫でも、将来の重大な病気の予防のためにしっかり血圧を管理しましょう。

脂質異常症(高脂血症)Hyperlipidemia

心筋梗塞や脳梗塞の要因に

京田辺市のたけむらクリニック|脂質異常症

悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールや中性脂肪が高いと、これらが血管の壁(内皮)に取り込まれて動脈硬化が起こり、狭窄や閉塞により血流が悪くなります。高血圧や糖尿病と同じく、脳や心血管の重大な病気に繋がります。善玉のHDLコレステロールは、血管内皮に取り込まれた悪玉コレステロールを減らす働きがあり、逆に低いことが治療の対象となります。これら脂質の異常は、脂肪肝、認知症や老化にも深く関わっています。

高尿酸血症Hyperuricemia

糖尿病をはじめ様々な生活習慣病を
引き起こします

京田辺市のたけむらクリニック|高尿酸血症

食品やアルコールに含まれるプリン体といわれる物質から体内で尿酸が作られます。食事、運動不足や肥満と関連しますが、そうでなくても遺伝的、体質的に高い人もいます。尿酸値が高いと痛風発作を起こすことが有名ですが、心臓や腎臓などの内臓にも悪影響を及ぼします。生活習慣の改善でよくなることも多いですが、充分でない場合は薬で治療します。

診療時間

診療時間 日祝
午前 8:30
〜12:30
/ /
午後 16:30
〜19:00
/ / /

休診日:木曜、土曜午後、日曜、祝日
*お薬手帳をお持ちの方は、ご持参ください

交通アクセス


» 大きな地図で表示

■ 住所:〒610-0334 
京都府京田辺市田辺中央4丁目2番15
■ TEL:0774-64-7870
■ 駐車場・駐輪場あり
■ JR「京田辺駅」東出口より徒歩2分
■ 近鉄「新田辺駅」西出口より徒歩4分